出棺~火葬について

出棺時

お棺の蓋を閉め、お棺を遺族や親族の男性が霊柩車まで運びます。 (火葬場が併設されている斎場ではストレッチャーにお載せしてお運びします。) 霊柩車には喪主が同乗します。(2~3名まで乗車可能) 住職(僧侶)にはハイヤーやタクシーの手配を事前にします。(告別式前等) 遺族・親戚も含め火葬場まで会葬される方が多い場合は事前にマイクロバスの手配を しておきます。(お打ち合わせ時~分かった時点で)

火葬場にて

火葬場に到着次第、すぐに火葬炉前に案内致します。 (直葬の場合は炉前等でお花入れやお別れを致します。) 住職(僧侶)読経のもと、お棺を炉にお入れした後、炉前にての焼香を行います。

火葬~骨あげ(拾骨)まで

火葬にかかる時間は大体1時間くらいです。 この間、火葬場での待合控え室にてお茶菓子等でおもてなししながら骨あげを お待ち頂きます。 火葬場によっては飲食の持ち込みを禁止されているところもございますので事前にご確認下さい。

骨あげ(拾骨)

ご案内とともに全員で再び火葬炉前もしくは拾骨室に向かいます。 二人一組にて一つのお骨を竹箸で一緒にはさんで骨壷に納めます。 全員お骨を納めましたら、残りのお骨を火夫(かふ)がお骨の説明をしながら 骨壷に納めます。 骨壷を骨箱に入れた後、火夫より「埋葬許可証」が渡されます。 この「埋葬許可証」は納骨の際に必要になります。 紛失防止も含め、骨箱の中に一緒にお入れするところが多いです。 遺骨は喪主が両手で抱えて持ち、遺族が位牌と遺影を持ち移動します。

還骨法要(かんこつほうよう)

骨あげ後は、葬儀式場・寺(または自宅)に戻り、「後飾り祭壇」に遺骨、位牌、遺影を安置して、 僧侶に読経・供養してもらいます。これを「還骨法要(かんこつほうよう)」 (宗派によっては「還骨勤行」「安位諷経」)と言います。

仏教の葬儀では、亡くなられた日から俗に「忌明け」とされる四十九日までの期間を「中陰」と言い、この間、仏壇には位牌や遺骨を収めてはいけないことになっています。
ですので2、3段の白布を掛けた祭壇を自宅内の仏壇横または仏壇前に作り、ここに葬儀・火葬を終えた故人の遺骨、位牌、遺影を安置します。
これを「後飾り祭壇」または「中陰壇」と言います。

最近ですと還骨法要と併せて初七日法要を繰り上げてこの日に行うことが多いです。

精進落とし

住職(僧侶)や親族など、葬儀でお世話になった方々に感謝とねぎらいを込めて 会食の席を設けます。お斎(とき)ともいいます。住職(僧侶)や世話役の人たちに 上座に着いて頂き、喪主と遺族は末席に着くようにします。

最後に喪主や遺族の代表より締めの献杯の挨拶をしてご会食となります。

自宅や斎場などで仕出し弁当・懐石を手配して会食するのが一般的です。 他での料理屋などで会食される際は法事に対応して頂けるかを事前に 確認しておくことが大切です。 住職(僧侶)が同席されずお帰りになる時は御前代(もしくは持ち帰り弁当)とお車代を用意して お渡しします。 この精進落としをもって、当日の葬儀は終了になります。

世話係・会計からの受け取り・精算

葬儀で集まった香典や会葬者名簿、弔電、弔辞文、名刺等を受け取り、葬儀費や料理、返礼品の代金、立て替え費などの精算をします。

次は、「法要・法事について」へ

MENU

  • 葬儀の流れ
  • 葬儀プラン
  • ブログ
  • 葬儀事例紹介
  • よくある質問
  • 住職紹介
  • 法要・法事について
  • 返礼品について
  • お客様の声
  • おすすめの生花祭壇
  • 会社概要
  • 全国市民葬祭

↑このページの先頭に戻る