葬儀・告別式について

葬儀と告別式の違い

通夜が明けた翌日の日中に葬儀式と告別式を行います。 葬儀式は故人の御霊を葬り、信仰する宗教・宗派等による定められた葬送儀礼により行われる いわば宗教儀式です。 告別式は故人と最後のお別れをするための社会的儀式になります。

葬儀・告別式前の確認事項

通夜同様、遺族・親族は控え室にてお待ちになり、進行スタッフと流れ確認をして 住職(僧侶)到着後、御挨拶に伺いお茶菓子等をご用意します。(一日葬の場合は通夜ページ記載と同様の確認準備を行なって下さい。)

※火葬後のお食事(精進落とし・お斎)の食事人数と式後に帰られる方に持ち帰りお膳を渡す。それぞれの個数があらかじめ分かっている場合は葬儀社もしくは料理屋に伝えておきます。

弔電の確認

葬儀式では弔電の拝読がございます。送信者の名前、読みがなを確認し、 沢山賜っている場合、時間的都合により電文内容まで読み上げる方を1~3名分までにして 残りの方はお名前のみのご紹介になるため、その選出を事前に進行スタッフに 申し出て下さい。

葬儀・告別式の流れ

通夜同様に受付を行い、定刻5分前には通夜と同じ様な配置にて着席します。

1. 住職(僧侶)の入場・読経・焼香
定刻になりましたら進行より住職(僧侶)の入場案内を致します。
2. 遺族・参列者の焼香
読経の途中から喪主、遺族、親族、親戚、一般参列者の順番に焼香をします。
(※初七日法要を式中に組み込まれる場合は再度読経と喪主・遺族等の焼香がございます。)
3. 住職(僧侶)の退席
4. 弔事の拝読・弔電の紹介
5. 葬儀式の閉式及び告別式の準備
式場によっては告別式準備のため、会葬者皆様、一旦式場外に出てお待ち頂きます。
6. 告別式
お棺の蓋を開けて故人と最後のお別れをします。 故人に感謝とお別れの言葉をかけながら想い出品や祭壇のお花を棺にお入れして あげて華やかなお姿にしてあげます。
7. 喪主の御挨拶
遺族は遺影や位牌等を持って喪主の横に並びます。
8. 告別式の閉式・出棺

次は、「出棺~火葬について」へ

MENU

  • 葬儀の流れ
  • 葬儀プラン
  • ブログ
  • 葬儀事例紹介
  • よくある質問
  • 住職紹介
  • 法要・法事について
  • 返礼品について
  • お客様の声
  • おすすめの生花祭壇
  • 会社概要
  • 全国市民葬祭

↑このページの先頭に戻る