通夜について

通夜とは

通夜とは本来、葬儀の前夜に故人と親しかった人たちが一晩中故人に付き添い、 最後の別れを惜しむ儀式でした。 しかし現在では、一般の会葬者が日中の葬儀・告別式よりも出席しやすい通夜に弔問することが多くなったこともあり、午後6時ごろから、1~2時間程度に時間を限って 読経、焼香を行う半通夜が一般的になりました。

通夜前の確認事項・納棺

葬儀社によって祭壇や受付・控え室、通夜振る舞いの準備がなされます。 遺族・親族は斎場に到着後、一度控え室に行き荷物等の整理をしたあと 式場にて祭壇と供花の配列と名札の文字に誤りがないかを確認します。 供花の配列は一般的に祭壇に近いところから 喪主-遺族-親戚-友人・知人-会社・団体関係の順に配列します。 続いて受付周りや礼状や返礼品の内容や数量を確認します。

通夜の前に遺族・親戚等協力のもと故人をお棺に納棺します。 (斎場や状況によっては最初のご安置の時点で納棺される場合がございます。) お棺に入れる故人の愛用品(※金属製品は不可)は一般的にはこの時には入れず祭壇前に置き 翌日の告別式のお花入れの際に一緒にお入れします。

弔問客の受付・進行最終確認・住職(僧侶)への挨拶

喪主及び遺族は式の進行スタッフ等と式内容について最終確認をします。 式の流れや焼香のタイミングや順番、時間配分、弔辞奉読の確認等です。 住職(僧侶)到着後、住職控え室に案内し、挨拶とお布施等をお渡しします。

定刻約30分前くらいより受付担当は配置につき弔問客の受付を始めます。 弔問客には受付の前に置かれた芳名カードに記帳して頂き、 芳名カードと香典を照合・お預かりしお礼を致します。場合によっては返礼品の引換券をお渡しして 式場へと案内します。上着や手荷物等預りものがある方へはクロークを用意し 案内します。 会計担当は受付の済んだ芳名カードと香典の記入事項の照合と 香典の金額の確認をして管理をします。

通夜の流れ(仏式)

一般的に祭壇・棺に向かって右側に喪主を筆頭とした故人と血縁の深い順に 遺族・親戚が座ります。 向かって左側には葬儀委員長、世話係から順に友人・知人、会社・団体関係者等の 方々が座ります。 宗教・宗派によって配置が変わる場合もございます。 定刻5分前までには着席する様にして下さい。

1. 住職(僧侶)の入場・読経・焼香
定刻になりましたら進行より住職(僧侶)の入場案内を致します。
2. 遺族・参列者の焼香
読経の途中から喪主、遺族、親族、親戚、一般参列者の順番に焼香をします。一般参列者は焼香後、退席して通夜振る舞い会場へ案内します。
この時に礼状・返礼品をお渡しします。
3. 住職(僧侶)の退席
焼香後、住職(僧侶)より故人を偲んでの法話等をされる事もございます。
4. 通夜の法要儀式の終了
喪主・遺族・親族・親戚の方々、全て通夜振る舞い会場へ移動します。
祭壇のローソクの灯りや線香は常に絶やさない様に気をつけます。
住職(僧侶)も同席される場合は控え室よりご案内し、
お帰りになられる時は、お車の手配とお車代、御前代をお渡しします。
5. 通夜振る舞い
故人への供養と弔問客へのお礼にオードブル形式でのお料理と飲み物で
おもてなしします。
場合に応じて喪主や世話役の代表がお礼の言葉を述べます。
6. 棺守り
通夜では翌日の葬儀・告別式まで本来ですと故人に夜通し付き添い線香を絶やさず見守るものですが、最近は斎場も場所によって夜間は式場の出入りや火気厳禁の所も増えていますので夜通し見守る風習も少し減少してきました。
それでも斎場にて宿泊される方もいらっしゃいます。
その場合は別室にて案内されます。布団や寝具のご用意の無い斎場も
ございますので、事前に葬儀社に手配をお申し下さい。
次は、「葬儀・告別式について」へ

MENU

  • 葬儀の流れ
  • 葬儀プラン
  • ブログ
  • 葬儀事例紹介
  • よくある質問
  • 住職紹介
  • 法要・法事について
  • 返礼品について
  • お客様の声
  • おすすめの生花祭壇
  • 会社概要
  • 全国市民葬祭

↑このページの先頭に戻る