ご依頼~ご安置まで

病院等で医師から危篤の診断を受けたときは、近親者など合わせたい方々に深夜・早朝に関わらず至急連絡を取って下さい。

ご遺体の引き取り連絡について

病院でご臨終された場合、まず末期の水(まつごのみず)をとり、ご遺体の体を清め耳や鼻などに綿を詰めます。その後、ご遺体は病室から霊安室に一時的に移されることが多いですが、 この際に葬儀社に連絡を入れ、搬送車の手配と安置場所を伝えます。

ご自宅でご臨終された場合、すぐに主治医に連絡して来てもらいます。 主治医がいない場合は警察に連絡して現場検証を行う必要があります。 その際は警察の指示があるまで遺体を動かしてはいけません。 場合によっては検死のため、管轄の警察の搬送車にてご遺体を警察署まで移動することが ございます。 これらの詳細が分かった時点で葬儀社に連絡を入れ、搬送車のお迎え先とその後の 安置場所を伝えます。

死亡診断書、死亡届

医師から対になっている死亡診断書と死亡届を受け取り、左側の死亡届に必要事項を 記入し、届出人(故人になるべく近い親族)の署名と捺印をして役所の戸籍課に提出します。 故人の本籍地、届出人の現住所、亡くなった場所のどれかの役所になります。 その後すぐに役所より火葬(埋葬)許可証が交付されます。 火葬(埋葬)は死亡後24時間以降でないと行う事が出来ません。 また死亡診断書は葬儀後の保険や遺産相続等の手続きに必要になりますので 役所に提出する前にコピーをとって保管しておきます。 なお、上記内容に関しては葬儀社が代行して手続き等を行うことも可能です。

ご遺体の搬送

事前に葬儀社が決まっていれば遺体搬送車を病院や自宅に呼びます。 手配の連絡の際にご安置場所を伝えておくとスムーズです。 葬儀社が決まっていない場合は病院で提携の葬儀社にとりあえず搬送のみを手配することも 可能です。ただし病院提携の葬儀社での搬送費や葬儀費用は割高になります。 また法的には遺族の方が自家用車にて搬送することは可能ですが、 安心面、安全面、不測事態の対応などで葬儀社の寝台車の方がやはり信頼性は高いです。

ご安置と近親者や菩提寺へのご連絡

主なご安置場所としては自宅、斎場(火葬場)、葬儀社などの安置所などがあります。 条件、状況や場所に応じてご遺族でよく考えてお決め下さい。 (※都内民営斎場及び火葬場でのご安置は主に納棺でのご安置が条件) ご安置場所が決まったら、近親者の方のみ連絡します。 また檀家となっている菩提寺(檀那寺)がある場合はそのお寺の住職にも連絡を入れます。 菩提寺の住職によってはご安置場所まで出向き枕経(まくらきょう)を勤められるからです。

枕飾り(自宅ご安置)

ご遺体を北枕または西枕にして寝かせ胸元に魔除けの短刀を置き、顔を白布で覆います。 ご遺体のそばに小机を置き、線香、ローソク、お花、お供え物などを載せて枕飾りとします。 葬儀社に頼めば全て用意してくれます。 菩提寺の檀家様は宗派により供え物の違いがありますので住職に確認をとって下さい。


次は、「お打ち合わせについて」へ

MENU

  • 葬儀の流れ
  • 葬儀プラン
  • ブログ
  • 葬儀事例紹介
  • よくある質問
  • 住職紹介
  • 法要・法事について
  • 返礼品について
  • お客様の声
  • おすすめの生花祭壇
  • 会社概要
  • 全国市民葬祭

↑このページの先頭に戻る